技あり☆懸垂幕お役立ちガイド

懸垂幕の購入ではサイズや値段を比較する

イベントでよく利用されることの多い懸垂幕ですが、懸垂幕は様々なインターネットの通販サイトで購入できる時代です。選択肢はとても多いですが、せっかく購入するのであれば、通販サイトの比較検討がとても大切です。

懸垂幕を作っているインターネットの通販サイトでは、作成してくれるスピード、サイズ、そして料金が異なります。また、対応能力もサイトによって違いがあるので、当サイトでまずは比較検討して下さい。比較検討することで、納得のいく懸垂幕を注文できるようになるでしょう。

特に注目しておきたいのが懸垂幕の作成にどれくらいの費用が発生して、納期がどれくらいなのか、また口コミなどの情報まで確認しておけば間違いありません。当サイトでは比較検討する際に必要な情報を網羅していますので、より良い発注ができて、満足度の高い懸垂幕が完成します。

のぼり屋さん

懸垂幕を注文するならネット通販を利用すれば誰でも簡単に注文が出来ます。通販サイトののぼり屋さんでは安い価格でのぼりが注文できるのが魅力です。デザイン点数は10,000種類にものぼり、希望するものがきっと見つかるでしょう。

のぼり屋さんではホームページ上のカレンダーを利用すれば、納期から最適な注文日の目安を知ることが出来ます。これを利用することで余裕を持ったのぼり作成の注文ができ、大変便利だと好評なシステムとなっています。

のぼりの作成は10,000円以上の注文で送料が無料となります。のぼりの設置に必要なグッズ等も一緒にこちらで注文することが出来るので、必要なものはぜひこちらで揃えておきましょう。

ラクスル

懸垂幕を作るならラクスルが人気です。会員登録を済ませたら見積もりから注文までスマートフォンで簡単にできる上、データの入稿が完了したら出荷までが最短で2営業日と早いので、急な需要にも対応できて便利です。

また、サイズも多様で用途によって選べることもポイントです。ヨコの長さは1.2mから6mまで対応しているため、店舗のポップなどで使える小さめのものから野外イベント会場でも目立つ大きなものまで用途もいろいろに使えます。

さらに生地も豊富なので、デザインを生かした仕上がりになるのも魅力です。印刷がくっきり出るターポリン生地や、質感重視のトロマットがあります。そのほかの生地の見積もりもできるので、作りたいものに合わせて相談も可能です。

横断幕・懸垂幕キング

横断幕・懸垂幕キングでは、Web上でデザインした懸垂幕を印刷できます。4万点を超える素材から選んだり写真をそのまま用いるなど、デザインの幅も広いです。インクジェットプリンターを用いた印刷なので、細かなグラデーションにも対応可能です。

生地は耐久性や見栄えなど異なる強みを持った種類が用意され、その全てが端にロープを縫い込まれるので耐久性が非常に高いです。また4隅にハトメ加工をする場合は、裏にレザー素材を縫いつけてさらに補強されます。

素材にターポリンを選択すれば、最大3mまでを繋ぎ目無しで作成することが可能です。縫い目などに邪魔されずに済むため、綺麗に見せたい場合に最適です。ターポリンは丈夫なので、屋外での使用も問題ありません。

MAKUSHOP

様々な種類の幕の制作を行っているので懸垂幕を選ぶこともでき、注文方法はデータ入稿とデザイン制作の2つのプランがあります。デザインの決め方は初心者でも分かるようサイト上で詳しく紹介しているため、オリジナルのデザインにすると効果的です。

公式サイト上で幕デザインの流れを詳しく紹介し、生地の選び方や加工の仕方などを知ると安心できます。デザインは目的に合わせて決めると周囲にアピールでき、遠くからでも見やすくなるようにイメージして決めると効果が高いです。

MAKUSHOPはすべて自社工場で生産するため、スピーディーな対応と安心の品質管理ができ最短で5営業日に出荷できます。縫製やハトメ穴加工などの費用も価格に含まれているため、追加費用を気にせずに注文できて便利です。

大判プリントの達人

懸垂幕を通販で購入することが出来るサイトです。従来であればこうした物は地元の業者に頼むのが普通でしたが、通販で対応が可能になりました。そのため、いつでも時間のあるときに注文できるので簡単です。

通販だと実物が見られないので、商品の品質が大丈夫なのか不安に感じる人もいるかもしれません。大判プリントの達人ではきちんとした品質保証をしています。もしも基準に満たないものが納入されたら、再制作をして対応します。

また、お得な割引制度も設けています。納期を遅くすると利用できる納期割引、複数枚購入で利用できるボリューム割引等の魅力的な割引サービスがあります。うまく活用すればずっとお安く購入することも出来ます。

幕マーケット

懸垂幕を作成するなら幕マーケットがおすすめです。出荷納期の予定がカレンダーでチェック出来ますし、安い価格で懸垂幕の注文が出来ます。他の業者に比べるとかなりお安く注文できるようになっており、大変お得です。

懸垂幕の納品にかかる配送料が大変お得になっています。送料は一律800円となっていて、お買い上げ総額が5,000円以上になると送料になります。ただし、沖縄や離島は異なりますので注意が必要です。

生地の見本を無料で取り寄せることが出来ます。サンプルを取り寄せるためには専用フォームへの必要事項の記入が必要になります。懸垂幕づくりに欠かせないものとなりますので、ぜひ取り寄せてみましょう。

懸垂幕を使って宣伝効果を高めたいなら

看板や横断幕などの類を使うことによって、宣伝効果をより高めることができます。これは懸垂幕でも同じことが言えるでしょう。特定のデパートの上から垂れ下がっている懸垂幕などは、誰もが目を奪われるはずです。そういった目立つ懸垂幕を作りたいと感じているなら、制作業者をうまく選ぶようにし、その上で話を進めることが重要となります。懸垂幕制作業者と一言に言っても、非常に多く存在しているので、適当な業者を選ばないようにしておきましょう。どこの業者が選ばれ続けているのか、そこに注目し、間違いのない業者に声をかけられるようにしておきたいところです。信頼と実績のある作成業者に関しては、雑誌やテレビでも取り上げられることもありますし、インターネット上でもチェックできます。自発的に業者の情報を確認するのであれば、やはりインターネット上から情報収集したほうが楽でしょう。

インターネット上には、実際に懸垂幕を制作業者にお願いしたことがある人の体験談が集まる、口コミ情報サイトなどがあります。掲示板やソーシャルメディア、さらに個人のブログなどに注目し、必要な情報を集めて、業者を厳選するようにしておきたいところです。そうしているうちに、どこの業者にお願いをするのが得策なのかが見えてくるようになるでしょう。いろいろな業者をピックアップしてから比較し、最もコストパフォーマンスよく作ってくれるような業者にお願いをするのが妥当な流れです。ホームページを見れば、今までの作成事例を確認し、センスを伺い知ることができます。同時に料金表なども確認できるので、割に合う業者かどうかをそこでチェックしてみると良いでしょう。ほとんどの業者がホームページを構えていますが、ホームページでもわからないことがあるなら、直接問い合わせをした方が早いです。

ちなみに、どうしても店頭に足を運ぶことができず、インターネット上で全てやりとりを完結させるつもりでいるなら、こちらの希望デザインをネット上できちんと伝えられるように工夫しましょう。メールにデザインをファイルとして添付し、伝えるといったやり方が今の時代では常識です。ただ、このやり方が難しいと感じているのであれば、ファックスを利用するのもおすすめとなります。手書きで伝えることができるので、どちらかと言えばこちらの方が、細かく伝えられるでしょう。やりやすいやり方で構わないので、返品交換ができないと言うリスクをしっかりと理解し、慎重に話を進めることが大切です。やはりオーダーメイド作品と言うことで、出来上がるまでにはある程度時間がかかります。業者によって出来上がるまでの時間に差があるので、極力スピーディーに作ってくれる業者を選ぶように心がけましょう。

カテゴリー